ワキガ治療「マイクロリムーブ」を解説。治療費や効果について

マイクロリムーブはワキガ治療の種類の一つです。

切開する治療法の中でも特に傷跡が小さい治療ですので負担も最小で済みます。そのため傷跡を気にする人におすすめであり、女性でも選択しやすいと言えるでしょう。

メリットの詳細を解説しますと、まず小さな負担で大きな効果を発揮できることです。マイクロリムーブと似たような治療法に剪除法がありますが、剪除法の場合ですとおよそ5センチ程度は切らなければいけませんので傷跡も目立ちがちです。

その点、マイクロリムーブは1~2センチ程度で済みますから術後の目立ちに大きな差があります。

そのため、ワキガ対策としてだけでなく、チチガやスソワキガなどのデリケートな箇所にも選択しやすいです。

効果に関しても剪除法と遜色はないとされています。

ワキガはアポクリン汗腺が原因になっていますが、マイクロリムーブはその汗腺を破壊および吸い取ってしまう治療法ですので、元から症状を改善することができるのです。

そして汗腺を無くしてしまうことで再発をするリスクも低く、永久的な改善に期待することができます。
痛みが殆どないのもメリットです。

施術の際には局所麻酔を打ちますので、殆ど痛みを感じることはありません。

術後には多少の痛みが出ることもあるものの、しかしながら大きく切開をする場合と比べると負担は小さく、また、傷跡も小さいために動きも制限されにくい治療法となっています。

デメリットもある治療法ですが、一つに執刀医の腕によって効果が違ってくることです。

切開の面積が小さいのはメリットではあるものの、しかしアポクリン汗腺を目視で確認することができないため、腕の低い執刀医ですと完全に除去ができない可能性があります。

成功させるには経験豊富な執刀医に担当をしてもらうことが大切ですので、しっかりと病院選びを行った上で治療に臨まなければいけません。

もう一つのデメリットとしては、保険適用がされないために費用が高額になってしまうことです。全額自費となってしまう治療法であり、金額としてはおよそ25~30万円程度は必要になることが多いです。

これが保険適用の場合ですとおよそ2~4万円程度で済ませることができるため、比較をしてみると負担が小さくないことが分かります。

なお、保険適用がされる場合の術式としては剪除法が主であり、傷跡になってしまうことがある治療法です。

保険治療は基本的に見栄えよりも効果を重視しますので、キレイな仕上がりを目指したい場合は自費での治療になってしまうのです。

※この記事は当サイトが独自に調べたものです。施術内容及び料金は変更になる場合がありますので、施術前は必ず各医院でご確認下さい。